9月の天候や気圧変化の特徴と気象病~秋バテに注意~

9月の天候の特徴

9月の天候には下記の特徴があります。

  • 夏から秋への気温変化
  • 秋台風の接近・上陸
  • 秋雨前線

夏から秋への気温変化

東京の9月1日の平年の最高気温は30.0℃で真夏日で夏が続きますが、9月30日の最高気温は24.7℃と過ごしやすい陽気で、最低気温は17.6℃で長袖でも肌寒く感じられ、朝と日中では服装で調整が必要になります。また、安定した天気が続かず、日々の気温も大きく変わることが多いことから体への負担が大きくなり体調を崩しやすくなりますので注意が必要です。

秋台風の接近・上陸

9月は8月に続いて台風の発生数が多く、平年の発生数は4.8個、接近数は2.9個、上陸数は0.8個となっています。過去10年間での9月の平均接近数は3.5個、上陸数は1.3個で、近年は接近数・上陸数ともに増えています。一昨年(2019年)は接近数が5個で過去30年で最多となりました。
9月以降に日本付近に接近する台風を秋台風と呼びます。太平洋高気圧が次第に勢力を弱め、南方海上に発生した台風が太平洋高気圧のふちを時計回りで放物線を描くように日本列島に接近し、その後東よりに向きを変えると速度が増して足早に通過する台風が多いのが特徴です。
また、9月に上陸する台風は勢力が強いことが多く、災害をもたらすことが多いのも特徴です。
このため、台風が発生したら台風の進路予想を確認し、いつ頃に台風の影響を受ける恐れがあるのかを都度確認するようにしてください。

秋雨前線

9月半ばを過ぎると日本の南海上の太平洋高気圧の勢力が弱まり、湿った空気が日本付近に流れ込みやすくなり日本列島に前線が現れて停滞しやすくなります。また、上空に寒気が流れ込むと前線活動が活発になり、各地で大雨をもたらすことがあります。
梅雨時と同じような天気が続くため、体調のすぐれない状態が続くこともありますので十分ご注意ください。

白露(9月7日頃~9月22日頃)の天候と気圧変化

移動性高気圧に覆われて雲のない夜に放射冷却によって大気が冷えると、空気中の水分が草花や木に朝露として現れ始めるようになります。朝の光によって白く輝く露になることから白露と名付けられました。
朝晩に気温が下がると秋の気配が感じられるようになります。
9月のこの時期は台風が接近しない場合、高気圧に覆われやすいものの、周期的に低気圧が通過して気圧が低下することから、体調へ影響する日があるでしょう。

秋分(9月23日頃~10月7日頃)の天候と気圧変化

秋分は昼の長さと夜の長さが同じになる日です。お彼岸は秋分の前後7日間で、秋分の3日前が「彼岸の入り」、秋分の3日後が「彼岸明け」となります。
暑さ寒さも彼岸までと言われるように、最高気温は次第に夏日の基準の25℃を下回るようになります。
移動性高気圧に覆われ晴れる日もありますが、日本付近に秋雨前線と呼ばれる前線が停滞して秋の長雨が現れます。秋雨前線が停滞している時に南海上で台風が発生し、暖かく湿った空気が流れ込むと、秋雨前線の活動が活発になり災害をもたす大雨が降ることがあります。
本州の南海上で秋雨前線が停滞している時は、大きな気圧の低下はあまりなく、体調への直接的な影響は小さいものの、日差しが少なく梅雨時期と同じように、雨が降りやすい影響で体調を崩すことがあります。秋雨前線が現れた場合は、体調を整えるように心がけましょう。

9月の気圧変化の傾向

下記の図は東京の2017年~2020年の9月の気圧の状況です。赤色のマークが気圧の変動が大きく特に注意が必要な日で、次いで黄色、黄緑、水色で、水色は体調への影響が比較的小さかった日を示しています。
気圧の傾向は年による違いが見られますが、前半は比較的体調への影響が少ない日が多く、後半は体調への影響が大きい日が周期的に現れるようになり、気象病が起こりやすい日が多くなる傾向がみられます。

2017年9月の気圧の傾向

高気圧に覆われ気圧変化の小さい日が周期的に現れ、前半に3日間続いた時期もありましたが、2つの台風の接近や低気圧の通過で周期的に気圧が大きく低下し、気象病が起こりやすい状態が周期的に現れました。

2018年8月の気圧の傾向

高気圧に覆われてすっきりと晴れた日が少なく、本州付近に秋雨前線が停滞する日が多く、雨の降る日が多くなりました。気圧変化の小さい日が少なく、気圧が低下して気象病が起こりやすい日が多くなりました。

2019年9月の気圧の傾向

上旬は気圧が大きく低下する日が少なかったものの台風の上陸により気圧が大きく低下した日もありました。中旬・下旬は気圧変化が小さい時期と低気圧の通過で気圧が大きく低下して気象病が起こりやすい時期が周期的に現れました。

2020年9月の気圧の傾向

前半は湿った空気の影響で雨の降った日が多くなりましたが気圧が大きく低下したは少なくなりました。後半は秋雨前線が停滞し曇りや雨の日が続き台風の接近や低気圧の通過で気圧が大きく低下する日があり、気象病が起こりやすい日が続きました。

「頭痛ーる」とは?

9月に現れやすい気象病と体調管理

秋バテに注意


9月は最高気温が月末に向けて次第に下がる傾向ですが、秋分の頃までは急に暑さがぶり返し30℃以上の真夏日となる場合が。朝晩は涼しくなりますが、日中の気温が上昇すると1日の気温差が大きくなり、体が気温の変化に対応することができず、疲労感を感じて、体調を崩しがちになります。寒暖差の変化により自律神経の働きに乱れが生じ、食欲不振や下痢・便秘、慢性疲労などの体の不調が現れます。

秋バテかなと思ったら

  • エアコンの冷やし過ぎないように注意して温度を調節する
  • 入浴はシャワーで済ませずお湯に浸かる
  • 食事は規則正しく温かく消化の良いものを食べる
  • 冷たい飲み物は控える

台風頭痛や気象病に備えた体調管理

台風が近づくとなんだか頭が痛い、頭が重く感じる……普段は気象病を起こさないのに台風のときだけ、「台風頭痛」を起こしたりして体調が悪くなるという方もいるようです。

台風が接近した場合に体調の不調の悪化を防ぐことは難しいですが、少しでも程度を抑えられるようにすることが大切です。
台風の発生が予想されている際には、自律神経のバランスを保つために下記のことを心がけるようにしてください。

  • 睡眠を十分にとる
  • 規則正しい生活を心がける
  • 疲労を回復させることを優先し、体に負担をかけるようなことはしない
  • ストレスを解消できるようにゆっくり入浴する
  • ストレスの解消のために音楽を聴く

9月の天候の特徴と不調が出やすい時期を理解し、体調管理を行ってください。

関連記事
台風が近づくと発症する…「台風頭痛」とは?

【参考文献】
日本成人病予防協会 健康管理コラム

この記事の監修者
飯山 隆茂
飯山 隆茂
気象予報士/健康管理士

気象予報士として25年以上にわたり気象情報の提供に従事。頭痛ーる開始後からサービス追加に関わり、健康管理士取得後は気象と健康の両面から健康管理の普及に努める。

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
ページの上部へ