おかげさまで!頭痛ーる5周年

このたび、2018年4月23日(月)に気象病・天気痛対策アプリ「頭痛ーる」は、サービスを開始してから5周年を迎えることができました。ここまで支えてくださったみなさま、本当にありがとうございます!
これからも「頭痛ーる」は、みなさまのお役にたてることを願ってよりよいサービスを提供していきますので、今後とも「頭痛ーる」をどうぞよろしくお願いいたします。
ページの最後には日頃の感謝をこめてプレゼントキャンペーンのお知らせもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「頭痛ーる」をご愛顧頂いている
みなさまからのメッセージ

(敬称略・順不同)

  • 田中圭一(漫画家)

    田中圭一(漫画家)

    急激な気温差とか気圧差が気分の急落に直結する僕に取って『頭痛ーる』は本当にありがたいアプリです。毎日のように全裸待機ならぬ「全裸感謝」しております!

  • はじめしゃちょー(YouTuber)

    はじめしゃちょー(YouTuber)

    こんにちは。はじめしゃちょーです。 頭痛ーる様、5周年おめでとうございます! 僕は子供の時から頭痛に悩まされていまして、大学で1人暮らしを始めてからも偏頭痛がひどくて、学校を休む事が良くありました。 原因が何となく天気や気圧だという事が分かったのですが、天気予報などをあまり気にしない自分にとっては、頭痛ーるのような頭痛のタイミングを事前に知れる事が出来て本当に助かっております!これからもよろしくお願いします!

  • ピエール中野(ミュージシャン)

    ピエール中野(ミュージシャン)

    理由もなく気分が落ち込んだり、調子が悪いときって、誰でもありますよね。その原因のひとつは低気圧で、「頭痛ーる」で調べると原因がハッキリしてラクになります。低気圧ヤバいときはなるべく穏やかに過ごし、周りの人に優しくするよう心がけてます。いつもお世話になってます。

天気痛ドクター・医学博士
佐藤 純

「先生、こんなアプリ知ってますか? 私、最近このアプリ教えてもらったんですけど、とってもよく当たるんで使っているんです。」そう言って天気痛の患者さんが見せてくれました。

これが、私と頭痛ーるとの初めての出会いです。NHKの番組に出演したことがきっかけで、天気痛外来の患者さんがどんどん増えてきたころのことでした。 そのアプリには過去と未来の気圧変化がリアルに描かれていて、「痛みは気圧の影響を受けるに違いない」という私の考えが、まさに画面上に表現されていました。その後、考案者の岡田さんから連絡があって、頭痛ーるが、私の研究成果を参考に開発されたものだと知って驚くのと同時に、とても嬉しかったことが今でも鮮明に思い出されます。

私の天気痛研究は、今から25年前にスタートしました。当時は、今ではよく知られている「気象病」や「天気痛」という概念は一般にはあまり認知されていませんでした。天気が悪くなると、痛みが強くなったり喘息発作がおこりやすくなるといった現象は、当人かその身近な人、あるいはそれに関わる医療者だけに知られている、どちらかといえば、ある意味不思議な現象として捉えられていました。今でも完全に認知されているとは言えませんが、当時の認知度は非常に低く、この分野の研究はあっても統計学的なものばかりで、メカニズムに迫るような研究は世界中探しても皆無だったのです。このような環境の中で、「気圧は痛みに影響を与える」ことを証明しようと決意して今まで研究を進めてきて、これまでに多くの知見が集まってきました。そして、現在では、気圧の変化は内耳が感知しているらしいこと、気象病や天気痛の人が天気の崩れにともなった気圧の変化を感じ取っていることは、だれもが認める事実となってきたと言っていいでしょう。

このようになるまでには、多くの研究者による努力があった訳ですが、一方では日本には頭痛ーるがあり、このアプリを多くのユーザーが利用することで、そのビックデータから、痛みを始めとしたいろいろな病気と天気、特に気圧との関連性が信憑性をもって語られるようになったことも大きな影響を与えていると思います。

頭痛ーるが、人気アプリとなった理由のひとつは、やはり天気の影響を受けていると自覚している人が非常に多く存在することなのでしょう。推計ですが、気象病の人口は1、000万人を超えている可能性が高いと考えられます。そしてこの数は、異常気象が世界中で多発してきたことから考えると、今後も益々増えてゆくでしょう。その意味から、最初は一部の人のツールとしてスタートした頭痛ーるですが、これからは社会全体に襲いかかる脅威に立ち向かうための強力な武器になってゆくと思っています。私は現在、製作者の皆さんと一緒に、新しい機能を付加してゆくための作業を行っています。頭痛ーるが、さらにパワーアップして、より正確でリアルな情報を発信し、気圧変化とうまく付き合ってゆくテクニックを提供できるものに進化して行けば、これほどうれしいことはありません。

こんなに素晴らしいアプリを考案し開発してくださった頭痛ーる開発チームの方々に、この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。ほんとうにありがとうございます。

■プロフィール

日本でただ1人の天気痛外来医師である佐藤純。30数年にわたり、気象と痛み、自律神経との関係を本格的に研究してきた日本で唯一の医学博士。
天気痛研究・診療の第一人者としてNHK「ためしてガッテン」、日本テレビ「世界一受けたい授業」などテレビでも活躍している。

-主な書籍-
・「低気圧頭痛」は治せる!(明日香新書)
・「低気圧頭痛」は治せる!天気痛~つらい痛み・不安の原因と治療方法~ (光文社新書)
・なんだか調子が悪いのは「天気痛」かもしれません(PHP研究所)
・天気痛を治せば、頭痛、めまい、ストレスがなくなる!(扶桑社BOOKS)

「頭痛ーる」5周年
ありがとうキャンペーン

「頭痛ーる」5周年ありがとう フォロー&リツイート キャンペーン 2018年4月23日(月)~2018年5月7日(月) 頭痛ーるオリジナルグッズ 詰め合わせが当たる! 5名様にプレゼント

キャンペーン終了のお知らせ

2018年5月7日(月)をもちましてご応募の受付を終了させていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

無料で便利な「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

ストア内を「頭痛」で検索!

ページの上部へ
このページをシェアする