1. 気温差が気象病に!?【寒暖差疲労】原因と5つの対策
    「寒暖差疲労」の原因は? 寒暖差疲労とは、気温差(7℃以上)が大きいと起こりやすくなるもので、体温を調節する自律神経が過剰に働いてしまい、全身倦怠感、冷え症、頭痛、首こり・肩こり、胃腸障害、イライラ、不安、アレルギー(鼻炎症状)などの様々な症状が出てしまう、「気象病」の1つです。 寒暖差には、春の暖かくなっていくとき
  2. 気象病・頭痛・体の不調の疲れをアロマバスで癒そう
    目次 ■気象病・頭痛・体の不調にオススメなアロマ ・体の不調を感じたらアロマバスで予防対策をしよう ・アロマバスとは? ・アロマバスの効果やメリットは? ・アロマバスに必要なもの ・アロマバスのやり方 ■症状・目的別にあったアロマを選ぼう ・頭痛対策にオススメのアロマ レモングラス ラベンダー ・花粉症対策におすす
  3. ストレスによる頭痛対策に1日1分呼吸に全集中!? マインドフルネス瞑想
    アメリカでの調査によると、片頭痛患者の約80%がストレスが頭痛の要因となり、続いて女性ホルモンが約65%、空腹が約57%、天気が約53%、睡眠障害が約50%という報告があります。 気象以外の要因としてストレスの比率がかなり高くなっています。頭痛ーるでアラートが出ていないときに頭痛がしている場合は、ストレスを感じるこ
  4. 緊張型頭痛予防!血行促進・肩こり解消できる座ってできるヨガ
    身体的なストレスとして、長時間のデスクワークや車の運転などのように、同じ姿勢を続けたことによって、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張し、頭痛が起こりやすくなります。 血行が悪くなると血流が悪化するため、肩や首を冷やしすぎないことも大切です。 また、枕の高さが合わないことも首の筋肉の負担が大きくなりますので一度見なおし
  5. 1分で出来る!「くるくる耳マッサージ」
    気象病・低気圧頭痛は耳の奥にある内耳という部分が大きく関係しています。 【気象病】メカニズム・原因と改善に向けたアドバイス 内耳は気圧の変化を感知するセンサーのような役割をしています。 気象病・低気圧頭痛を少しでも改善したいのであれば、内耳の血流に注目しましょう。
  6. 気象病予防にアロマテラピー・ハーブティーを取り入れて自律神経を整えよう
    雨が降ると頭痛がする、気圧の変化によって体調がすぐれないなど、その日の気候・気圧・気温によって身体の変化が発生するものが「気象病」です。予防改善や対処法は多種多様ですが、自律神経のバランスを整えるという方法があります。 気象病の要因は様々で、「不定愁訴(ふていしゅうそ)」の状態がほとんどです。この不定愁訴というものは
  7. 気象病・低気圧頭痛を予防しよう!自律神経を整えるヨガ
    気象病を引き起こす原因のひとつは自律神経の乱れにあり、この自律神経とストレスには密接な関係があります。人間がストレスを感じた時に身体の中で一番先に動き始めるのが自律神経です。 自律神経とは、「自分の意志とは無関係に身体の機能を自動的に調整する神経」で、「交感神経」と「副交感神経」があります。 「交感神経」は心身を緊張さ
  8. 気象病を抗めまい薬で予防する
    気象病の症状がある人は、そうでない人よりも内耳が敏感です。大気中の気圧が乱れると、ほかの人が感じない微妙な気圧の変化に内耳の中にある気圧センサーが過剰に反応し、めまいや耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。また、もともと持っている痛みの感覚を呼び起こすことにつながっています。
  9. 強いお薬の服用が不安…そんな方は漢方薬を飲んでみませんか
    気象病や低気圧頭痛を引き起こす一因として、自律神経系の乱れや体内の水や気などの流れの停滞があります。これらを改善するひとつの手段に漢方薬が役立ちます。 体内の水の流れを良くする漢方薬 こちらでも詳しく説明していますが、漢方の世界では体内の水や気の流れが滞ると、頭痛やめまいをはじめとする体調不良を引き起こす可能性がある
  10. 【気象病対策】体の水や気の流れを良くするツボを刺激してみよう
    ツボは東洋医学で言う「経穴(けいけつ)」の事です。漢方の世界では、体内の水や気が滞ると体調不良や、痛みなどの原因になると言われています。 頭痛―るのグラフで気圧が下がり、頭痛がきそうだなと感じたら、お薬などで対処するのも良いですが、体の調子を整えるツボを押してみるのもおすすめです。 お時間がありましたら、こちらの記事
ページの上部へ