1. 気象病を抗めまい薬で予防する
    気象病の症状がある人は、そうでない人よりも内耳が敏感です。大気中の気圧が乱れると、ほかの人が感じない微妙な気圧の変化に内耳の中にある気圧センサーが過剰に反応し、めまいや耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。また、もともと持っている痛みの感覚を呼び起こすことにつながっています。 痛みが発生する予兆であるめまいや気持ち悪さ
  2. 強いお薬の服用が不安…そんな方は漢方薬を飲んでみませんか
    象病や天気頭痛を引き起こす一因として、自律神経系の乱れや体内の水や気などの流れの停滞があります。これらを改善するひとつの手段に漢方薬が役立ちます。 あわせて読みたい ◆体内の水や気が滞ると体調不良をおこす? ◆体の水や気の流れを良くするツボを刺激しよう 体内の水の流れを良くする漢方薬 こちらでも詳しく説明していま
  3. 【気象病対策】体の水や気の流れを良くするツボを刺激してみよう
    ツボは東洋医学で言う「経穴(けいけつ)」の事です。漢方の世界では、体内の水や気が滞ると体調不良や、痛みなどの原因になると言われています。 頭痛―るのグラフで気圧が下がり、頭痛がきそうだなと感じたら、お薬などで対処するのも良いですが、体の調子を整えるツボを押してみるのもおすすめです。 あわせて読みたい ◆体内の水や気
  4. 頭痛ーるを使ってみる
    頭痛ーるは気圧の変化から痛みの発生を予想するアプリです。気圧が通常より大きく低下する時に痛みが発生する方が多くなることから、気圧の変化量によって、通常、やや注意、注意、警戒の4段階で痛みの起こりやすさをお知らせしています。 また、頭痛ーるは痛みの記録を簡単に付けることができますので、自分の痛みを記録するようにします。
  5. 【特別企画】@aroma×頭痛ーる オリジナルアロマで天気頭痛をサポート
    頭痛ーるはアットアロマさんにご協力いただきオリジナルアロマをつくりました! ご協力いただいたアットアロマさんは、多くの企業向けに空間の目的やニーズに合わせた香りの空間デザインを手がけています。(企業導入事例) 実店舗では、個人向けに自分だけのオリジナルアロマをブレンドしてくれるサービスを行っています。 今回はアットアロ
  6. 1分で出来る!「くるくる耳マッサージ」
    日頃から耳周りの血流を良くするために、耳のマッサージがお勧めです。耳の周りの血流が悪いと内耳のリンパ液も一緒に滞り、めまいや頭痛などの症状を引き起こすと考えられています。 マッサージのやり方 耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張る そのまま軽く引っ張りながら、後ろに向かってゆっくり5回まわす 耳を包むように折
  7. ストレッチ(天気痛体操)
    天気に左右されにくくするためには、日頃から身体を動かして、筋肉を柔らかくし、活動しやすい身体にすることが改善につながる場合があります。なお、主治医がいる方は医師に相談してから行うことをお勧めします。 テニスボールを使って深部の筋肉を伸ばす 寝ころんだ状態でテニスボールに身体を乗せ、頭の付け根、首、顎の下、頬、耳の
  8. 自律神経を整える
    天気痛を引き起こす原因のひとつは自律神経系の乱れにあり、この自律神経とストレスには密接な関係があります。人間がストレスを感じた時に身体の中で一番先に動き始めるのが自律神経系です。 自律神経とは、「自分の意志とは無関係に身体の機能を自動的に調整する神経」で、「交感神経」と「副交感神経」があります。 「交感神経」は心身を
ページの上部へ