1. 1分で出来る!「くるくる耳マッサージ」
    気象病・低気圧頭痛は耳の奥にある内耳という部分が大きく関係しています。 【気象病】メカニズム・原因と改善に向けたアドバイス 内耳は気圧の変化を感知するセンサーのような役割をしています。 気象病・低気圧頭痛を少しでも改善したいのであれば、内耳の血流に注目しましょう。 耳の周りの血流が悪いと内耳のリンパ液も一緒に滞り、め
  2. 気象病予防にアロマテラピー・ハーブティーを取り入れて自律神経を整えよう
    雨が降ると頭痛がする、気圧の変化によって体調がすぐれないなど、その日の気候・気圧・気温によって身体の変化が発生するものが「気象病」です。予防改善や対処法は多種多様ですが、自律神経のバランスを整えるという方法があります。 気象病の要因は様々で、「不定愁訴(ふていしゅうそ)」の状態がほとんどです。この不定愁訴というものは
  3. 気象病・低気圧頭痛を予防しよう!自律神経を整えるヨガ
    気象病を引き起こす原因のひとつは自律神経の乱れにあり、この自律神経とストレスには密接な関係があります。人間がストレスを感じた時に身体の中で一番先に動き始めるのが自律神経です。 自律神経とは、「自分の意志とは無関係に身体の機能を自動的に調整する神経」で、「交感神経」と「副交感神経」があります。 「交感神経」は心身を緊
  4. 気象病を抗めまい薬で予防する
    気象病の症状がある人は、そうでない人よりも内耳が敏感です。大気中の気圧が乱れると、ほかの人が感じない微妙な気圧の変化に内耳の中にある気圧センサーが過剰に反応し、めまいや耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。また、もともと持っている痛みの感覚を呼び起こすことにつながっています。 痛みが発生する予兆であるめまいや気持ち悪さ
  5. 強いお薬の服用が不安…そんな方は漢方薬を飲んでみませんか
    象病や天気頭痛を引き起こす一因として、自律神経系の乱れや体内の水や気などの流れの停滞があります。これらを改善するひとつの手段に漢方薬が役立ちます。 あわせて読みたい ◆体内の水や気が滞ると体調不良をおこす? ◆体の水や気の流れを良くするツボを刺激しよう 体内の水の流れを良くする漢方薬 こちらでも詳しく説明していま
  6. 【気象病対策】体の水や気の流れを良くするツボを刺激してみよう
    ツボは東洋医学で言う「経穴(けいけつ)」の事です。漢方の世界では、体内の水や気が滞ると体調不良や、痛みなどの原因になると言われています。 頭痛―るのグラフで気圧が下がり、頭痛がきそうだなと感じたら、お薬などで対処するのも良いですが、体の調子を整えるツボを押してみるのもおすすめです。 あわせて読みたい ◆体内の水や気
  7. 頭痛ーるを使ってみる
    頭痛ーるは気圧の変化から痛みの発生を予想するアプリです。気圧が通常より大きく低下する時に痛みが発生する方が多くなることから、気圧の変化量によって、通常、やや注意、注意、警戒の4段階で痛みの起こりやすさをお知らせしています。 また、頭痛ーるは痛みの記録を簡単に付けることができますので、自分の痛みを記録するようにします。
  8. 【特別企画】@aroma×頭痛ーる オリジナルアロマで天気頭痛をサポート
    頭痛ーるはアットアロマさんにご協力いただきオリジナルアロマをつくりました! ご協力いただいたアットアロマさんは、多くの企業向けに空間の目的やニーズに合わせた香りの空間デザインを手がけています。(企業導入事例) 実店舗では、個人向けに自分だけのオリジナルアロマをブレンドしてくれるサービスを行っています。 今回はアットアロ
  9. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~魚のポーズ~
    サンスクリット語名で「マツヤアーサナ」と言います。 「マツヤ」は「魚」を意味します。 背中のこわばりを軽減し上半身の血流の流れを良くすることで、上半身のコリや頭痛の緩和が期待できるポーズです。 また、呼吸機能の調整効果、不眠改善も期待できます。 Step1 両足を揃えて仰向けになる 仰向けになり足を揃えます。 手の
  10. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~三日月のポーズ~
    三日月のポーズ(インドゥダラ・アーサナ)をご紹介します。 デスクワークなどで丸まった背中を伸ばすのにおすすめです。 上半身をバランスよく伸ばすことができるポーズです。 デスクワークが続いて疲れたな~と思ったら、ぜひやってみてください。 肩こりの解消、血流アップの効果が期待できます。 Step1 椅子に座りながら、両手を
  11. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~戦士のポーズ2~
    「戦士のポーズ2」または「ヴィラバドラ・アーサナ2」、「ウォーリア2」などと呼ばれるポーズです。 立位の基本のポーズの1つですが、今回は椅子を使った方法をご紹介します。 椅子を支えにするので、運動不足で足腰に自信がない人、ご年配の方にもおすすめです。 戦士のポーズ2は、足腰の強化、股関節の柔軟性を高める効果が期待できま
  12. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~半分の薪のポーズ~
    「半分の薪のポーズ」、「アルダ・アグニスタンバ・アーサナ」とも言われます。 サンスクリット語で、アルダ=半分、アグニスタンバ=薪という意味になります。 お尻周りのコリをほぐす、腰痛の予防・改善の効果が期待できます。 日頃からデスクワークが多く、お尻や股関節が固くなっている人におすすめです。 Step1 椅子に座り、左膝
  13. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~前屈のポーズ~
    この前屈のポーズは、「ジャーヌ・シールシャ・アーサナ」とも言われます。 サンスクリット語で、ジャーヌは「膝」、シールシャは「頭」を意味します。 脚のむくみ解消、血流アップの効果が期待できます。 日頃からデスクワークが多く、脚のむくみが気になる人におすすめです。 Step1 椅子に座り、片足を前に伸ばす 右足を前に伸ば
  14. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~体側伸ばし~
    気圧の変化が自律神経の乱れに影響していることをご存じでしょうか。 自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になり続けると、血管が収縮し、頭痛・めまいなどを引き起こします。 ヨガで深く呼吸することによって、交感神経と副交感神経のバランスを整えます。 ゆったりと心地よい呼吸をすることで、心身ともにリラックスすることができま
  15. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~キャット&カウのポーズ~
    キャット&カウのポーズで背中のコリをほぐし、上半身の血行を良くしていきます。 キャット&カウとは? Cat(キャット)=猫、Cow(カウ)=牛という言葉のとおり、四つん這いになって猫が背伸びをするようなポーズと背中を反らして伸びる牛のようなポーズが組み合わさっていることに由来します。 Step1 四つん這いになる
  16. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~座位の前屈のポーズ~
    サンスクリット語名で「パスチモッターナアーサナ」と言います。 脳を休めストレスの軽減 ・頭痛や不安の緩和、の効果が期待できるポーズです。 腹部内臓の調子を整え、だるさを取り除きます。 Step1 両足を前に伸ばして座る 両足を前に伸ばして座りましょう。 両手を腰の横に指先を立てて置き、吸って背筋を長く伸ばします
  17. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~うさぎのポーズ~
    うさぎのポーズとは、頭頂部のエネルギーポイントと呼ばれる「百会(ひゃくえ)」を刺激するポーズになります。 サンスクリット語でうさぎとは「シャシャンカ」という意味になり、「シャシャンカーサナ」とも言われます。 「百会」とは頭頂部のエネルギーポイントで多くの気(血液)が集まる部位となります。 ここを刺激することで目の疲れや
  18. 自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~ねじりのポーズ~
    このねじりのポーズはサンスクリット語名で「アルダ・マッチェンドラ・アーサナ」と言います。 アルダ=半分の、マッチェンドラ=魚の王を意味します。 腰回りの疲労感の軽減、腰痛の予防・改善の効果が期待できます。 チェアヨガについて こちらは椅子使ったヨガなので、ヨガマットがなくても行えます。 デスクワークの合間に、座りながら
ページの上部へ