1分で出来る!「くるくる耳マッサージ」


気象病・低気圧頭痛は耳の奥にある内耳という部分が大きく関係しています。

【気象病】メカニズム・原因と改善に向けたアドバイス

内耳は気圧の変化を感知するセンサーのような役割をしています。
気象病・低気圧頭痛を少しでも改善したいのであれば、内耳の血流に注目しましょう。
耳の周りの血流が悪いと内耳のリンパ液も一緒に滞り、めまいや頭痛などの症状を引き起こすと考えられています。

そこでおすすめなのが、医師の佐藤純先生が考案した「くるくる耳マッサージ」です。

くるくる耳マッサージのやり方

耳くるくるマッサージ気圧頭痛気象病対策
1.耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張ります。


耳くるくるマッサージ気圧頭痛気象病対策
2.そのまま軽く引っ張りながら、後ろに向かってゆっくり5回まわします。


耳くるくるマッサージ気圧頭痛気象病対策
3.耳を包むように折り曲げ5秒間キープします。


耳くるくるマッサージ気圧頭痛気象病対策
4.耳全体を掌で覆って、ゆっくり円を描くように後ろに向かって5回まわします。

※朝・昼・晩の1日3回行うのが目安

日頃から内耳のまわりの血流をよくして、気象病・低気圧頭痛の予防をしましょう。


【参考文献】
「低気圧頭痛」は治せる!/佐藤純(著)

この記事の監修者


頭痛ーる編集部
頭痛ーる編集部

低気圧頭痛・気象病を予防する方法・対策からお天気と暮らしのこと、頭痛ーるアプリのお知らせ・キャンペーンを発信していきます。

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
ページの上部へ