1. 女性特有の頭痛の特徴と対処方法
    女性に多いと言われる頭痛持ち。特に片頭痛は有病率の男女差を見ても、男性より女性の方が3.6倍多く、比較的女性に多い疾患と言えるでしょう。30代の女性では5人に1人が片頭痛持ちともいわれています。 出典:Sakai F, & Igarashi H, Cephalalgia 1997 早いと10代の頃から発症
  2. 緊張型頭痛と片頭痛の両方の性質を持つ痛み
    頭が締め付けられるような痛み(緊張型頭痛の特徴)とたまにズキンズキンする強い痛みや吐き気がある(片頭痛の特徴)場合のどちらも感じられる場合があります。 片頭痛と緊張型頭痛では対処法が異なるため、痛みが出やすい傾向を記録をとることによって慌てずに 対処できるでしょう。 症状や対処法については緊張性頭痛と片頭痛の項目をご
  3. 気圧の変化だけではない?頭痛を引き起こす要因と体調管理
    頭痛ーる担当の気象予報士・健康管理士の飯山です。 頭痛ーるを利用していただいている方から、「頭痛ーるのアラートと痛みが合わないときがあるけど、どうして?」とご指摘をいただくことがあります。 頭痛ーるは気圧を中心とした気圧変化に伴って発生する頭痛等の痛みの起こりやすさを予報していますが、気象変化以外にも頭痛を引き起こす
  4. 【気象病】薬を飲むタイミングはいつがベスト?薬物乱用頭痛にも要注意!
    「頭痛が起きたら、薬を飲む。」 当たり前のことかもしれませんが、頭痛が頻繁に起きて、薬を飲み続けていると、頭痛を慢性化させてしまう可能性があります。 薬に頼りすぎている方は、その量や飲むタイミングに注意が必要 例えば、「今日は痛くなりそう」といって、症状が出ていないのに心配になって薬を飲んでしまう方は、薬を多く飲みす
  5. 天気・気圧の変化と赤ちゃん・子どもの関係~ギャン泣きや不機嫌にも意味がある
    雨の日は赤ちゃんのギャン泣きが止まらない、台風が近づくと子どもが機嫌が悪くてグズグズする……。そんな経験はありませんか? もしかしたら、それは天気や気圧の差が関係している可能性があります。 赤ちゃん期~子ども期は、環境の変化に対応する自律神経が整っていません。 これにより、気圧や天気の変化の影響を大人よりも受けやすく
  6. 群発頭痛の原因、対策、予防法とは?
    目の奥がえぐられるような耐えがたい強い痛みがあり、目の充血や涙・鼻水等の症状があらわれる群発頭痛。 痛みの原因や群発頭痛が起きた時の対策や予防法などについて、舟久保恵美先生に解説していただきます。 群発頭痛の原因とは? 群発頭痛は片頭痛や緊張型頭痛とメカニズムが全く違うものです。 男性の方に多いと言われていますが、
  7. 緊張型頭痛の原因、対策、予防法とは?
    主に体のコリや緊張で血行が悪くなることで引き起こされる緊張型頭痛。 痛みの原因や頭痛が起きた時の対策や予防法などについて、舟久保恵美先生に解説していただきます。 緊張型頭痛の原因とは? 身体的なストレスとして、長時間のデスクワークや車の運転などのように、同じ姿勢を続けた事によって、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張し
  8. 片頭痛の原因、対策、予防法とは?
    ズキンズキンと脈を打つような痛みが特徴の片頭痛は、様々な誘発要因によって引き起こされます。 痛みの原因や片頭痛が起きた時の対策や予防法などについて、舟久保恵美先生に解説していただきます。 片頭痛の原因とは? 片頭痛の原因は明らかになっていませんが、季節の変わり目や普段の生活の中での温度変化は頭痛の誘発要因とされてい
  9. 頭痛にはどんな種類があるの?
    頭痛の分類として、脳や頭部の病気の症状として出てくる頭痛(二次性頭痛)と他に病気が隠れていなく、頭痛を繰り返す慢性的な頭痛(一次性頭痛)の2つに大きく分けられます。 他の疾患のない一次性頭痛(慢性頭痛) 片頭痛 緊張型頭痛 群発頭痛 緊張性頭痛と片頭痛の両方の性質を持つ痛み 他の疾患が原因で生じる二次性頭痛 二次性
  10. くも膜下出血、脳腫瘍など他に疾患のある二次性頭痛の種類と症状
    以下のような、いつもと違う症状があらわれたら、危険な病気が潜んでいるかもしれません。なるべく早目に病院で受診しましょう。 ・突然の頭痛 ・今まで経験したことのない頭痛 ・いつもと様子の異なる頭痛 ・頻度と程度が増してくる頭痛 くも膜下出血 頭痛持ちの方も、これまでに感じたことのない強い痛みとなるため違和感を覚えます。
ページの上部へ