気象病と天気痛

気象病と天気痛
気象病天気の変化で起こる不調の総称を言います。症状は大きく分けて2つあり、1つはめまい、肩こり、イライラといった不定愁訴があります。検査しても特段原因が見つからないことが多く、普段から交感神経と副交感神経からなる自律神経が乱れがちな人に出やすいです。
もうひとつが片頭痛や関節痛など持病が悪化するパターンです。気象病の中でも、これらの痛みを特に伴うものを天気痛と呼んでいます。


【参考文献】
■天気痛を治せば頭痛、めまい、ストレスがなくなる!/佐藤純(著)
■天気痛 つらい痛み・不安の原因と治療方法/佐藤純(著)
■「低気圧頭痛」は治せる!/佐藤純(著)

この記事をシェアする
ページの上部へ