3月の天候や気圧変化の特徴と気象病~気温変化が大きく春バテに注意 ~

3月の天候の特徴

3月の天候には下記の特徴があります。

  • 冬型から低気圧と高気圧が交互に通過する気圧配置に
  • 日々の気温変化が大きい
  • 日中と夜の気温差が大きい

冬型から低気圧と高気圧が交互に通過する気圧配置に

3月前半はシベリア方面から寒気が日本付近に流れ込み、冬型の気圧配置になる日もありますが、3月後半は冬型の気圧配置が続かなくなり、低気圧と高気圧が交互に通過し、天気が周期的に変わるようになります。このため、日本海側で雪の降る日が次第に少なくなり、雪から雨に変わります。
下旬は南海上に前線が停滞して曇りや雨のぐずついた天気が続き菜種梅雨が現れる年もあります。

日々の気温変化が大きい

冬型の気圧配置が続かなくなり、低気圧と高気圧が交互に通過するようになると短い周期で天気が変わり、暖かい日や寒い日が現れ日々の気温変化が大きくなります。
日本海で低気圧が発達すると南から暖かい空気が流れ込み気温が上昇して春一番が現れることもあります。また、低気圧の通過後に寒気が流れ込んで気温が低下し、気温の変化が大きくなります。

日中と夜の気温差が大きい

3月後半は高気圧に覆われておだやかに晴れると日差しが暖かく感じられますが、朝は夜間の放射冷却により気温が下がり冷え込むことがあり、昼夜の気温差が大きくなります。移動性高気圧に広く覆われて青空の多い晴れた日に多く見られます。また、日中に南寄りの風が吹くと気温が上昇するため、気温の差が大きい日が現れやすくなります。

啓蟄(3月5日頃~3月20日頃)の天候と気圧変化

啓蟄(けいちつ)は冬眠していた虫が穴から出てくる頃という意味です。実際に春の気配を感じて冬ごもりをしていた虫たちが動き始めるのは1日の平均気温が10℃以上になってからで、多くの地方ではもう少し先になります。
強い寒気の流れ込む回数が少なくなり、冬型の気圧配置は一時的に次第に現れる日が少なくなります。
低気圧が南から暖かな空気をもたらし、低気圧の北西側の寒気との温度差が大きくなって低気圧が急速に発達し、爆弾低気圧となることがあります。このような時は気圧差が大きく気象病が起こりやすく、長時間続く場合もありますので十分な注意が必要です。


頭痛や体調不良を起こす爆弾低気圧とは。時期や季節は?

春分(3月21日頃~4月4日頃)の天候と気圧変化

春分の日は昼間と夜の長さがほぼ同じとなり、この日を境に昼間の時間が長くなります。春分の日の前後7日間が春の彼岸で、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われます。少しずつ暖かさが増し、関東以西では桜が開花し始めますが、暖かい日が続かず、寒の戻りもあり、花冷えとなる日もあります。
年によっては中旬以降に南海上に前線が停滞して関東以西で曇りや雨のぐずついた天気が続くことがあり、この雨は菜種梅雨と言われます。雨や曇りが続き体調のすぐれない状態が続く恐れもありますので注意してください。
また、移動性高気圧に覆われて晴れると日中の気温が上昇して暖かくなりますが、朝は冷え込んで昼夜の気温差が大きくなる日があり、体調を崩すことがありますので注意が必要です。


低気圧、高気圧とは?その定義や違いは?【気象予報士が解説】

3月の気圧変化の傾向

下記の図は東京の2018年~2021年の3月の気圧の状況です。赤マークが気圧の変動が大きく特に注意が必要で、次いで黄色、黄緑です。また、紫色は気圧の上昇で注意が必要です。水色は体調への影響が小さかった日を示しています。
気圧の傾向は年による違いが見られました。

2018年3月の気圧傾向

前半は周期的に低気圧が日本海で発達しながら通過し、通過後に気圧が上昇したため、気象病が起こりやすい日が多くなりました。後半も低気圧が周期的に通過して気圧の変動が続き気象病が起こりやすい日も周期的に現れました。気圧が比較的安定した日はほとんどありませんでした。

2019年3月の気圧傾向

低気圧が短い周期で次々と日本付近を通過し、低気圧の通過後に気圧が上昇したたため、気圧が比較的安定した日はほとんど見られず、気圧が大きく低下して気象病が起こりやすい日が多く、体調不良が続きやすい年でした。

2020年3月の気圧傾向

前半は低気圧が周期的に通過して気圧の低下が続いたり、低気圧の通過後に気圧が上昇した日が続き、気圧の変動が大きく、気象病が起こりやすい状態が続きました。後半は周期的に低気圧が通過して気圧が低下し、気象病が起こりやすい日が現れましたが、気圧の低下は長く続かず、移動性高気圧に覆われて気圧が比較的安定した日も現れました。

2021年3月の気圧の傾向

前半は短い周期で低気圧が通過し、低気圧の通過後に気圧が上昇したため、気圧の変動が大きく、気象病が起こりやすい日が多くなりました。後半は低気圧が通過する頻度が減少し、高気圧に覆われた日が多く、気圧の低下による気象病が起こりやすい日はやや少なくなりました。

低気圧が短い周期で通過し、また低気圧が発達して気圧が大きく下がるなど気象病の起こりやすい日が多く表れた年が多くなりました。
頭痛ーるで日々の気圧変化の予想を確認し、頭痛などの気象病の体調管理を行うようにしてください。
「頭痛ーる」とは?

3月に現れやすい気象病と体調管理

春バテ

春バテの症状と原因

「春バテ」は春に現れる体の不調で、だるさ・気分の落ち込み・疲労感・イライラ・倦怠感などがあります。この春バテの症状を引き起こす原因は

  • 寒暖差や気圧変化
  • 生活の変化によるストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

で、これらにより自律神経が乱れることで症状が現れやすくなります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、寒暖差や気圧変化、ストレスを受けると交感神経が優位となり、さまざまな不調が起こりやすくなります。

気圧の変化でなぜ体調不良が起こるの?

春バテの対処法

気温変化の確認と対応

気温予報をを確認し、外出する場合は気温に合わせて脱いだり着たりしやすい服装を選 ぶことで、体への影響を小さくするようにしましょう。屋内であればエアコンなどを利用 して室内の温度をできるだけ一定に保つようにしましょう。

自律神経を整える

交感神経の働きを抑え、副交感神経が優位にするようにし自律神経を整えることでスト レスをコントロールすることが春バテの改善につながります。
具体的には、

  • 十分な睡眠
  • 入浴
  • 音楽
  • 腹式呼吸
  • 食生活
  • 運動

で、詳細はこちらでご紹介しています。

気圧の変化だけではない?頭痛を引き起こす要因と体調管理

花粉症皮膚炎


花粉が飛散している時期です。この時期に顔にかゆみが出たり、肌が荒れるなどの症状が出る場合は花粉症皮膚炎の可能性があります。
バリア機能が低下した皮膚に花粉が付着すると、炎症を起こし、かゆみや湿疹、乾燥、ヒリヒリした痛みなどの症状が現れ、顔や首、うなじなどの露出した部分に多くみられます。
健康な肌は皮膚の一番外側にある角質層によって外部刺激から守られていますが、乾燥によって肌のバリア機能が低下していると、皮膚の角質層がめくれてしまい、その隙間から花粉が侵入してアレルギー反応を引き起こします。

花粉症皮膚炎の予防

肌のバリア機能を高める

花粉症皮膚炎を防ぐには肌のバリア機能を高めることが重要です。肌の保湿や室内の湿度を下げないようにしましょう。また、目をこすったり、かゆみのある部分を搔きむしると肌のバリア機能が低下して花粉症皮膚炎になりやすくなるため注意が必要です。

花粉が肌に触れないようにする

外出時にメガネやマスクをしたり、花粉をブロックする化粧品などを使用して花粉を直接肌に触れないようにすることも大切です。寒い日はマフラーなどで首元を覆うと花粉が直接触れることを防ぐことができます。

花粉を洗い流す

帰宅したら、すぐに洗顔をしたりシャワーを浴びて花粉を洗い流すことで花粉の接触時間を短くすることも予防につながります。熱いお湯の入浴は肌を乾燥させ肌のバリア機能の低下につながるため、ぬるめのお湯にするのが良いでしょう。

肌の乾燥対策はこちらでご紹介しています。

1月の天候や気圧変化の特徴と気象病~一年で最も寒さが厳しく乾燥注意!~

3月の天候や気圧変化の特徴と頭痛などの体調へ影響するポイントを理解して、体調管理を行うようにしてください。

【参考文献】
日本成人病予防協会 健康管理コラム つらい目や顔のかゆみ、花粉症皮膚炎かも

こちらの記事も併せてご覧ください

4月の天候や気圧変化の特徴と気象病~天気が変わりやすく寒暖差や関節リウマチに注意 ~
【花粉が多い日や時間帯は?】天気によって変わる花粉の飛散量に注意
気象病・頭痛・体の不調の疲れをアロマバスで癒そう
この記事の監修者
飯山 隆茂
飯山 隆茂
気象予報士/健康管理士

気象予報士として25年以上にわたり気象情報の提供に従事。頭痛ーる開始後からサービス追加に関わり、健康管理士取得後は気象と健康の両面から健康管理の普及に努める。

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
ページの上部へ