6月の天候や気圧変化の特徴と気象病~梅雨時期の体調不良に注意~

6月の天候の特徴

沖縄付近で停滞していた梅雨前線が北上し、本州南岸で停滞して梅雨空が続きやすくなると本州で梅雨入りします。梅雨には大まかに2つのタイプがあり、ひとつは激しく雨が降る時期と晴れて梅雨の中休みの時期が交互に現れるようなタイプで陽性型の梅雨と言われます。気温が高く、集中豪雨などの大雨が発生することが多くなります。もう一つは雨が激しく降る日が少なく、しとしとと弱い雨の降る日が多く、晴れ間の出る日が少ないタイプで陰性型の梅雨と言われます。気温の上がらない日が多く、梅雨寒となります。
年によって梅雨のタイプが代わりますので、雨の降り方に注意するようにしてください。
梅雨前線は梅雨の間は本州の南で東西に延びて停滞することが多くなりますが、南に下がって本州から離れたり、日本海側まで北上したり南北に移動します。これは南海上の太平洋高気圧の勢力が強まったり弱まったりすることに関係し、太平洋高気圧の勢力が弱まると南に離れ、再び勢力が強まると日本海側まで北上します。また、一時的に梅雨前線が消滅する場合もあります。

6月の天候には下記の特徴があります。

  • 本州で梅雨入り
  • 梅雨のタイプ
  • 梅雨前線の南北移動

芒種(6月5日頃~6月20日頃)の天候と気圧変化

芒種(ぼうしゅ)は稲の穂先のように芒(のぎ)と呼ばれるとげのような針状の突起のある穀物の種まきをする頃という意味です。米は寒冷に弱い性質があるため、この時期に種まきをしていました。現在は品種改良が進み、もっと早く行われています。
西日本から梅雨入りして、東北地方まで梅雨に入ります。
梅雨時期の雨の降り方や梅雨時期の気温の傾向は年によって変わりますが、梅雨前線に伴う雲に覆われて雨が降りやすく、晴れ間の出る日が少なくなります。

梅雨の前半はオホーツク海に冷たい空気をもたらす高気圧が現れることがあり、この高気圧が現れると東北地方の太平洋側や関東では海から冷たく湿った「やませ」と呼ばれる風が吹き梅雨寒になります。
一方、南から湿った暖かい空気が流れ込んで西日本を中心に熱中症が起こりやすい日が現れることもあり、気温が変動しやすい時期です。
梅雨前線上の低気圧が発達する場合は気圧が大きく低下する場合がありますので気圧変化を確認するようにしてください。
真夏の暑さに身体が慣れていない時期で、寒暖差が大きく、気温が急に高くなる場合は体調を崩しやすくなりますので注意が必要です。

夏至(6月21日頃~7月6日頃)の天候と気圧変化

夏至(げし)は北半球では1年で最も昼が長く、夜が短い日です。しかし、梅雨時期で日の長さをあまり感じられないことが多いと思います。
梅雨前線や低気圧に伴う雨雲に覆われて雨が降りやすく、晴れ間が出るのは梅雨前線が南海上に下がって高気圧に覆われる時ですが、晴れ間の出る割合は東京で20%程度です。晴れると紫外線が非常に強くなりますので、紫外線対策が必要です。
また、梅雨前線の活動が活発になり大雨の降る恐れがありますので、雨の降り方に十分注意するようにしてください。
気圧が大きく低下する日は引き続き少なくなりますが、低気圧が発達して通過すると大きく気圧が低下しますので、定期的に気圧の変化を確認するようにしてください。

6月の気圧変化の傾向

下記の図は東京の2017年~2020年の6月の気圧の状況です。赤マークが気圧の変動が大きく特に注意が必要で、次いで黄色、黄緑、水色で、水色は体調への影響が小さかった日を示しています。
気圧の傾向は年による違いが見られました。

2017年6月の気圧の傾向

上旬・中旬は梅雨前線が北上せず高気圧の圏内となったため、気圧の大きな低下は一時的となりました。下旬は梅雨前線が本州南岸に停滞したものの、前線上に低気圧が発生して通過した際に一時的に気圧が大きく低下したものの比較的気圧の安定した日が多くなりました。気圧が大きく低下した日は少なかったものの、天気がぐずつき気象病の起こりやすい日が多くなりました。

2018年6月の気圧傾向

上旬は梅雨前線が次第に北上し、本州南岸で停滞したものの、前線上の低気圧の通過が一時的となったため、気圧の低下が小さい状態が多くなりました。中旬の始めに台風が南海上を通過し気圧が大きく低下しました。その後は梅雨前線上に周期的に低気圧がが発生して気圧が低下しましたが、気圧は比較的安定した日が多くなりました。なお、天気のぐずついた日が多く、気象病の起こりやすい日が多くなりました。

2019年6月の気圧傾向

月初めは高気圧に覆われ晴れ間の出た日もあり、大きく気圧が低下した日は少ないものの、上旬後半は梅雨前線や湿った空気の影響で天気がぐずつき、大雨の日もありました。後半は梅雨前線上の低気圧の影響で気圧が大きく低下した日があり、湿った空気の影響で梅雨らしい天気が続き、気象病の起こりやすい日が多くなりました。

2020年6月の気圧傾向

前半は梅雨前線上を低気圧が通過した日はありましたが、気圧の低下の小さい日が多くなりました。梅雨前線や湿った空気の影響で雨の降る日が続き、気象病が発生しやすい日が多くなりました。後半は低気圧がやや発達して通過したため、気圧が低下して雨の降った日が多く、気象病の起こりやすい日が多くなりました。

「頭痛ーる」とは?

6月に現れやすい気象病と体調管理

梅雨だる(梅雨不調)


梅雨時期になると体調が悪くなる人が増えますが、株式会社リーフェが実施したアンケート調査によると、3人に1人が梅雨時期に体調不良の経験があり、50代女性の7割が梅雨の体調不良の経験があるという結果になったそうです。
症状として最も多いのが頭痛(65%)で、次いで倦怠感、疲れ、寝不足の順でした。

梅雨時期は湿度が高く、湿度が高いと、体内の水分が汗や尿として外に排出できずに体内にとどまってしまいます。その結果、体内の消化吸収と水分代謝がうまくできなくなり、消化不良が起こりやすく、むくみやすくなります。
また、梅雨の時期には気圧の低いことが多く、自律神経が乱れて副交感神経が優位となりやすく、体がリラックスモードになってしまい、だるさや眠気を感じてしまいます。
さらに、活動量が普段より減ってしまうため、血のめぐりが悪くなりやすく、肩こりや冷えなどの症状も起こります。

梅雨だる解消法1.朝に太陽の光を浴びる

朝に太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされて、活動モードへとスムーズに切り替えられます。曇りや雨の日でも太陽の光は地上に届いていますので、朝はカーテンを開けて光を浴びるようにしましょう。
ストレッチなど軽い運動もおすすめです。

梅雨だる解消法2.カリウムを摂取

むくみの解消には、体の余分な塩分(ナトリウム)とともに水分を排出してくれる「カリウム」を摂るようにしましょう。カリウムはきゅうりやズッキーニ、大根、アボカド、バナナなど野菜や大根に多く含まれています。
サラダなどの生で食べる他に暖かくして食べるのがおすすめです。

梅雨だる解消法3.ストレッチ

意識して、こまめに肩甲骨を動かすように腕を回したり、ストレッチを行うようにすると、血のめぐりが良くなります。体には「温めポイント」がいくつかあり、肩・首・腰回り・ふともも・二の腕の裏側・膝の裏側など、大きな筋肉や血管が密集している部位を温めると体全体を効率的に温めることができます。
ホットタオルや温熱シートでじんわりと温めましょう。

梅雨時期のうつ


梅雨時期は気温・湿度・気圧の激しい変化が起こり、人体に様々な影響を及ぼします。具体的には、80%以上の高い湿度による不快感、急激な気圧の変化による自律神経の乱れ、日照時間の減少による睡眠ホルモンの分泌量の低下と、その影響による睡眠障害や神経伝達物質「セロトニン」の減少が引き起こす感情の乱れ等があります。
また、梅雨時期は雨や湿気による精神的な不快感を感じるだけでなく、体にとっても梅雨がもたらす物質的な原因により、うつ病にかかりやすい条件が揃うことになります。

  • 運動不足になりやすいため、ジムや自宅等で体を適度に動かして自律神経を整えるようにしましょう。
  • 梅雨の晴れ間にはなるべく外に出かけ太陽の光を浴びましょう。
  • 意識的に規則正しい生活を過ごすようにして、生活リズムを乱さないようにしましょう。
  • 胃腸の働きが弱くなる時期でもあり、食事の栄養バランスや食事量をコントロールしましょう。

6月の天候や気圧変化の特徴と頭痛などの体調へ影響するポイントを理解して、体調管理を行うようにしてください。

【参考文献】
株式会社リーフェ 調査レポート
日本成人病予防協会 健康管理コラム

この記事の監修者
飯山 隆茂
飯山 隆茂
気象予報士/健康管理士

気象予報士として25年以上にわたり気象情報の提供に従事。頭痛ーる開始後からサービス追加に関わり、健康管理士取得後は気象と健康の両面から健康管理の普及に努める。

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
ページの上部へ