自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~ねじりのポーズ~

このねじりのポーズはサンスクリット語名で「アルダ・マッチェンドラ・アーサナ」と言います。
アルダ=半分の、マッチェンドラ=魚の王を意味します。
腰回りの疲労感の軽減、腰痛の予防・改善の効果が期待できます。

チェアヨガについて

こちらは椅子使ったヨガなので、ヨガマットがなくても行えます。
デスクワークの合間に、座りながら身体に負荷をかけすぎずに無理なく気軽に行えます

深い呼吸を意識的に行うことで自律神経が整い、リラックスすることが出来ます。
疲れたな~と感じたら、チェアヨガで一息入れてみてはいかがでしょうか?

Step1 椅子に座り左足を右足にかける


左足を右足にかけ、右手を左膝の上に置き、息を吸いながら背骨を伸ばしましょう。

Step1 おへそから体をねじる


吐く息に合わせて左肩を後ろに引き、おへそから体をねじります。

目線もねじりに合わせて移動し、ゆったりと呼吸を繰り返します。
(反対も行いましょう)

動画で見る場合はコチラ

※痛みのない時に日々の予防として行ってください。
痛みがある時などは無理をせず、横になって休むようにしましょう。

この記事の監修者


ヨガインストラクタープロフィール
中村 洋子
ヨガインストラクター

10数年ヨガを習い、身体と心の心地よさに魅了されてインストラクターの資格を取得。
全米ヨガアライアンス認定 200時間(RYT200)
ヨギー・インスティテュート認定 200時間(YIC200)

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
Uranai Style-プロ占い館-
Uranai Style-プロ占い館-
ページの上部へ