傘が乾かない、靴が濡れる!そんな梅雨のあるあるの困りごとを解決!

全国的に梅雨入りとなりましたね。雨の時期が続くと服・傘・靴が濡れたり乾きにくいなど、この時期ならではの困りごとが増えてきますよね。
今回はそんなちょっとした困りごとを解決する工夫をご紹介したいと思います。

それではいってみましょう!

まず雨の困り事と言えば・・・

濡れた折り畳み傘をどうするか問題

梅雨折り畳み傘しまう場所
梅雨の時期は突然の雨が多くなるので、折り畳み傘が重宝しますよね。

ですが、

  • 折り畳み傘を開くのが面倒!
  • 濡れた傘を折り畳み傘はバックに入れたくない!
  • 手に持ったまま邪魔、なんといっても荷物になる!

とヤキモキすることがあると思います。

でもそんな時に便利なのが、こちらの傘グッズなんです!

解決グッス1.逆さ傘


長傘 逆さ傘 ワンタッチ自動開け
¥2,380

濡れた面が内側になって畳めるから、畳む際にも手や服が濡れにくい!
電車・バス・車などの乗り降りで重宝します。

乾かすときも立てておけば水が勝手に下に落ちて乾いてくれます!

解決グッズ2:ワンタッチ傘


折りたたみ傘 自動開閉 頑丈な12本骨
¥1,610

片手だけでも開けられるワンタッチ傘!
荷物を持って片手がふさがっているなんてときに便利ですよね。
またこちらの傘は12本骨で耐久性もあり、強い風がふいて傘がひっくり返っても元に戻ります。

梅雨が終わったら、すぐにまた雨風が強くなる台風の季節がきますので、長く愛用できるのは?と思います。

解決グッズ3.マイクロファイバー傘ケース・カバー


マイクロファイバー超吸水 傘ケース
¥1,299

濡れた傘をこの中に入れておけば、すばやい吸水力で乾かしてくれます。
このカバーに濡れた傘をしまえば、バックの中が濡れる、満員電車の中で濡れた傘が当たらないようにするストレスから解放されます!

また濡れた傘をそのままにしておくと、傘の骨の劣化にもつながるため、使ったらすぐ拭くようにすると、傘の骨組みの錆つきも軽減されるそうです。

靴が濡れる問題!

雨靴濡れる乾かし方
雨の日といえば、靴が濡れる問題。

靴がビショビショ…次の日また履きたくても雨で外で乾かせない!そんな時には……

解決グッズ4:シリカゲル

シリカゲルってどこかで見かけた言葉だなって思いません?

そう、お菓子の乾燥剤としてよく入ってるコレ。

シリカゲル乾燥材靴

これを5袋くらい入れて一晩放置するだけで乾くそうです!

ちなみに製品化されているものもあります。


シリカクリン 激取りMAX 靴ドライ 濡れた革靴スニーカーも速攻乾燥
¥1,420

こちらを入れておけば、速く乾くし、靴の中の臭いも取れるという一石二鳥!

繰り返し使えるので、一つ持っておくと便利です。

解決グッズ5:靴のシリコンカバー

そもそも靴を乾かすのがめんどくさいし、濡らさないようにしたい!なんて人にオススメなのが靴シリコンカバー!

シリコンシューズカバー
¥945

レインシューズを買っておけばいい話ですが、数千円以上しますし、毎日使わないものにお金をかけたくない人はシリコンカバー使ってみるといいと思います。

濡れたシリコンカバーはどうすればいいの……?というのが気になるところですが、

大丈夫です!

こちらはの商品は専用のポーチが付属しているので、ここにしまえます。

シリコンカバーは雨以外にも雪の日や泥汚れが靴を守りたい日にも使えます。

ただしシリコンカバーはタイルなどつるつるした場所では滑りやすいという声もありましたので、装着して歩く際にはご注意ください!

梅雨便利グッズ傘靴絶対濡れない

いかがでしたか。

ちょっとしたグッズの追加で、梅雨の時期のイライラが少しでも軽減されたら、嬉しいです!

※2020年6月時点でのAmazonでの販売価格を記載しております。現在の販売価格は販売サイトにてご確認ください。

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
ページの上部へ