自律神経を整えて頭痛もスッキリヨガ!~体側伸ばし~

気圧の変化が自律神経の乱れに影響していることをご存じでしょうか。

自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になり続けると、血管が収縮し、頭痛・めまいなどを引き起こします。

ヨガで深く呼吸することによって、交感神経と副交感神経のバランスを整えます。

ゆったりと心地よい呼吸をすることで、心身ともにリラックスすることができます。
心と身体を緊張やストレスから解放していきましょう。

まずは体側を伸ばしましょう。

Step1  居心地のよい姿勢で座る


身体が安定する居心地のよい姿勢で座ります。

Step2 両手を組んで体側を伸ばす


両手を組んで手のひらを返して、吸って天井に押し上げましょう。吐いて両手を開いて降ろします。

Step3 片方ずつ体側を伸ばす

吸って右手を天井に引き上げて、吐いて上半身を左側に倒しましょう。
呼吸するごとに右わき腹が伸びたり縮んだりするのに意識を向けます。

吸って中心に戻り、吐いて上げている手を下ろします。
(反対も行いましょう)

動画で見る場合はコチラ

※痛みのない時に日々の予防として行ってください。
痛みがある時などは無理をせず、横になって休むようにしましょう。

この記事の監修者


ヨガインストラクタープロフィール
中村 洋子
ヨガインストラクター

10数年ヨガを習い、身体と心の心地よさに魅了されてインストラクターの資格を取得。
全米ヨガアライアンス認定 200時間(RYT200)
ヨギー・インスティテュート認定 200時間(YIC200)

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
Uranai Style-プロ占い館-
Uranai Style-プロ占い館-
ページの上部へ