気になる大型連休の天気をお知らせ!~2022年ゴールデンウィーク(GW)の天気傾向~

2022年のゴールデンウィーク(GW)の天気を気象予報士が予測
いつも『頭痛ーる』をご利用いただきありがとうございます!新年度が始まり、約3週間が経ちましたね。日中は、初夏を思わせる汗ばむ陽気の日も出てくるようになりました。
新緑が美しくなり、1年のうちでも過ごしやすいこの時期は、もうすぐ始まるゴールデンウィーク(GW)にあわせて、外出する人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は今年のゴールデンウィーク(GW)の各地の天気と気温の傾向について、解説していきたいと思います。

2022年のゴールデンウィーク(GW)の週間天気予報一覧

天気は周期変化、気温は高め

天気は周期変化する傾向で、4/30(土)~5/1(日)は高気圧に覆われて晴れる可能性がやや高くなっています。
一方で、連休初日の4/29(金)と連休中ごろの5/4(水)~5/6(金)は低気圧や前線の影響で雨の降る可能性がやや高くなっています。
南西諸島では前線が停滞しやすく、曇りや雨の日が多くなる見込みです。

また、南からは暖かい空気が流れ込みやすい状態が続くため、気温は全国的に平年よりも高めとなる日が多いでしょう。特に東・西日本ではよく晴れた日は、最高気温が30℃近くまで上がることが予想されます。熱中症などに注意して、暑さ対策をしっかりと行いましょう。また、紫外線も強まる時期となっていますので、紫外線対策も忘れずに行うとよさそうです。

地域別にも詳しく見ていきます。

【北日本】

高気圧に覆われて、特にゴールデンウィーク前半は晴れる日が多い予想です。
ゴールデンウィーク後半は低気圧や前線の影響を受けて、雨の降る日もありそうです。

【東・西日本】

数日の周期で天気が変わるでしょう。
4/29(金)は低気圧や前線の影響で雨が降る見込みです。
4/30(土)~5/1(日)にかけては高気圧に覆われて、晴れ間が広がる見込み。
5/2(月)~5/3(火)は次第に雲が多くなり、5/4(水)~5/5(木)は雨が降る見込みです。
その後は晴れ間がありますが、前線の影響で雲がやや多めとなる可能性があります。

【南西諸島】

南西諸島付近に前線が停滞し、曇りや雨の日が多い見込みです。
特に5/1(日)~5/2(火)は雨の降る可能性が高くなっています。それ以外の日も、雲の多い天気が続く傾向となっています。

『頭痛ーる』は気圧変化だけでなく、天気予報も確認することができますので、ぜひご活用いただいて、日々の過ごし方の参考となれば幸いです。
これからも『頭痛ーる』をどうぞよろしくお願いいたします。

※予報は、ゴールデンウィーク期間中の天気と気温の傾向を解説したもので、晴れや雨の日が前後にずれたり、変わったりする可能性があります。また期間後半は予報精度が落ちますので、常に最新の予報をご確認下さい。

こちらの記事も併せてご覧ください

5月の天候や気圧変化の特徴と気象病
マロとヒロシが教える!頭痛ーるアプリの機能、便利な活用方法
気温差が気象病に!?【寒暖差疲労】原因と5つの対策
この記事の監修者
田島 正人
田島 正人
気象予報士として「頭痛ーる」や「お天気.com」の運営に従事。
データ分析や気象予報業務などに携わっています。
趣味は野球観戦。
気象予報士だけで結成された劇団「お天気しるべ」の団員としても活動しています。

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
Uranai Style-プロ占い館-
気象情報を活用してみませんか?
ページの上部へ