台風と熱帯低気圧の違いと定義とは?【気象予報士が解説】

台風と熱帯低気圧の違いと定義とは?

台風と熱帯低気圧の違いは最大風速

台風熱帯低気圧の違いは最大風速の違いで、台風も熱帯低気圧の一部です。(北西太平洋または南シナ海に存在する)

熱帯低気圧の最大風速が17.2m/s以上のものが台風と呼ばれます。

台風は日本の分類で最大風速が17.2m/s以上のもの。
基準は違いますが、発生した地域によって、その呼ばれ方が違います。

太平洋西部ではタイフーン(typhoon)、カリブ海周辺ではハリケーン(hurricane)、インド洋や南太平洋西部ではサイクロン(cyclone)と呼ばれます。これらの最大風速は32.7m/s以上。

台風とタイフーンは似ていますが、基準となる最大風速に違いがあります。(17.2m/sと32.7m/s)

この記事の監修者


宮本大平
宮本 大平


気象予報士

気象予報士を取得し十数年にわたり予報業務や「お天気.com」の運営などに従事。ウィンタースポーツが好きな二児の父。

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
ページの上部へ