12月の天候や天気、気圧変化の特徴と気象病~インフルエンザ予防と水分補給~

12月の天候の特徴

12月の天候には下記の特徴があります。

  • 日本海側の雨が雪へ
  • 冬の入口から本格的な冬へ
  • クリスマス寒波・年末寒波

日本海側の雨が雪へ

11月からシベリア方面が寒気が流れ込むと日本海側ではしぐれ模様となり雨が降るようになります。この寒気が12月になると次第に強まって気温が下がり、雨から雪に変わるようになります。

冬の入口から本格的な冬へ

シベリア方面の寒気が強まり、その強まった寒気の一部が日本列島の上空に流れ込むと強い冬型の気圧配置が現れやすくなります。北西の季節風が吹いたり、気温が大きく下がって朝の冷え込みが強まったり、日本海側で雪が降りやすくなって本格的な冬を迎えます。

クリスマス寒波・年末寒波

年によっては12月下旬にシベリアから真冬並みの強い寒気が次々と流れ込むようになることがあります。このような状態が寒波で、クリスマスの頃や年末頃に現れることからクリスマス寒波や年末寒波と呼ばれます。日本海側では大雪が降り暴風が吹くなど大荒れの天気となり、また、気温も大きく下がり、警戒が必要になります。

大雪(12月7日頃~12月21日頃)の天候と気圧変化

大雪(たいせつ)も時期になると平野でも雪が降るようになり、北日本などでは本格的に雪が降り始める頃です。
上空に強い寒気を伴った低気圧が日本海を東に進み、北日本を通過して東海上で発達すると西高東低の冬型の気圧配置が強まり、日本海側では大雪(おおゆき)となります。また、上空に強い寒気を伴った低気圧が発達しながら南海上を東北東に進むと、太平洋側でも雪の積もることがあります。12月の気温の長期予報が平年並みや平年より低いと発表された場合は強い寒気が流れ込みやすく、寒さが厳しいと想定されますので、注意してください。
朝は室内の気温と外の気温の差が大きく、厳しい寒さに体があまり慣れていないため寒暖差により体調に影響を及ぼすことがありますので、冷え込んだ朝は特に暖かい服装で出かけるようにしてください。


低気圧頭痛・不調の原因や症状とは?

冬至(12月22日頃~1月4日頃)の天候と気圧変化

冬至(とうじ)は冬に至ると書き、12月21日頃は1年で昼間の時間が最も短くなる日です。昼間の時間が最も長い夏至に比べて昼間の時間が5時間程度短くなり、冬至を過ぎると夏至にむけて少しずつ昼間の時間が増えて行きます。
「冬至冬中冬始め」(とうじふゆなかふゆはじめ)ということわざがあります。冬至は暦の上では冬の真ん中にあたるが、本格的な冬はこれから始まるという意味です。実際に最も気温が低くなる真冬の時期は1月下旬から2月上旬で、寒さが次第に厳しさが増してきます。
クリスマスの頃に日本付近の上空に強い寒気が流れ込み冬型が強まり、日本海側で大雪になることがあり、この頃の寒波をクリスマス寒波と呼びます。近年は暖冬の年が多く、前回のクリスマス寒波は2011年12月25日です。また、年末頃に強い寒気が流れ込みことがあり、この頃の寒波を年末寒波と呼んでいます。前回の年末寒波は2018年でした。
年によって異なりますが、強い寒気が流れ込みやすい年は寒さが厳しく、太平洋側では空気が乾燥した状態が続き、のどや粘膜の乾燥が免疫力を低下させ、風邪を引きやすくしますので水分を補給して喉を潤すように注意してください。

12月の気圧変化の傾向

下記の図は東京の2017年~2020年の12月の気圧の状況です。赤マークが気圧の変動が大きく特に注意が必要で、次いで黄色、黄緑です。また、紫色は気圧の上昇で注意が必要です。水色は体調への影響が小さかった日を示しています。
気圧の傾向は年による違いが見られました。

2017年12月の気圧の傾向

高気圧にゆるやかに覆われたものの気圧の変動が小さい日はなく、周期的に低気圧が通過して気圧が大きく低下し、また、気圧の低下後は気圧の上昇が続き、気象病の起こりやすい日が周期的に現れました。

2018年12月の気圧の傾向

高気圧に覆われて比較的気圧の低下の小さい日もありましたが、低気圧が周期的に通過して気圧が大きく低下し、気圧の低下後は気圧の上昇が続く日もあり、気象病の起こりやすい日が周期的に現れました。
月末は強い寒気が流れ込み冬型の強い状態が続き、日本海側で大雪が降り年末寒波となりました。

2019年12月の気圧の傾向

高気圧に覆われて比較的気圧の低下の小さい日がほとんどなく、低気圧や気圧の谷の通過で気圧が大きく低下し、また気圧の低下後に気圧の上昇がみられ気象病の起こりやすい日が多くなりました。

2020年12月の気圧の傾向

移動性高気圧に覆われて気圧の変動が比較的小さい日が周期的に現れましたが、周期的に低気圧が通過して気圧が低下し、また低気圧の通過後に気圧が上昇して気象病の起こりやすい日が多く現れました。

高気圧に覆われて比較的気圧低下が小さい日が周期的に現れた年もありましたが、低気圧や気圧の谷の周期的な通過で気圧が大きく低下し、低気圧の通過後の気圧の上昇により気象病の起こりやすい日が多く現れた年が多くなりました。
頭痛ーるで日々の気圧変化の予想を確認し、頭痛などの気象病の体調管理を行うようにしてください。

「頭痛ーる」とは?

12月に現れやすい気象病と体調管理

インフルエンザ予防


インフルエンザは11月頃から流行り始め、主に12月から2月にかけて流行します。主な症状は発熱、倦怠感、関節痛、筋肉痛、頭痛などがあります。
1961年にHarper,G.Jらにより行われたインフルエンザウイルスの生存率・湿度と気温との関係についての研究によると温度21℃~24℃で湿度が20%では6時間後のインフルエンザウイルスの生存率が60%となりましたが、同じ温度21℃~24℃で湿度を50%にするとインフルエンザウイルスの生存率は3~5%となり、ほとんど生存できなくなりました。湿度を80%にしても生存率は湿度50%と変わらないため、室内の結露やカビの発生を考慮し、室内の湿度を50%、温度を20℃~23℃することで、インフルエンザウイルスの生存を抑えることが良さそうです。

暖房だけでは空気が乾燥してしまいますので、加湿器などで湿度をコントロールしてください。室内に温度と湿度を表示する温湿度計を置くのが良いでしょう。
冬型の気圧配置になると空気が特に乾燥しますので注意して下さい。
毎日の基本的な予防としては、マスクの着用と外出先から戻った際の手洗い、うがいが重要です。

ウイルス対策としての水分補給


人間の体のおよそ60%は水分ですが、体の中の水分にはさまざまな役割があります。飲料水などで口から体の中に入った水分は毛細血管に吸収されて血液などの体液となって酸素や栄養分を全身に運び、老廃物を体外へ出す役割や皮膚への血液の循環を増やすことで汗を出して熱を逃がし体温を一定に保つ役割があります。

夏は汗を書いたり喉の渇きにより水分が不足していることを自覚して水分を補給しますが、冬は空気の乾燥によって汗以外の呼気や皮膚から水分が蒸発が増えてしまうため、気付かないうちに水分が失われてしまいます。特に外気に接している皮膚や喉、鼻などの粘膜は乾燥しやすく水分が失われやすくなります。
このため、こまめに水分補給をすることを意識して水分不足にならないようにする必要があります。喉や鼻の粘膜が水分補給により潤いが保たれていればウイルスの侵入を防ぐことができますので、夏と同様に冬の体調管理として水分補給をするようにしましょう。

体内の水や気が滞ると体調不良をおこす?気象病との関係は?

寒暖差による疲労に注意


暖かい部屋から冷え込んだ外に出ると体は急激な気温の低下を受けます。寒さを感じると体の熱が逃げないように、自律神経の交感神経が盛んに活動を始め、常に寒暖差の激しい環境に身を置いていると、交感神経がこの環境に適応しようと反応するため、自律神経が日疲弊し、自律神経の乱れにつながり、頭痛などの体調不良を起こしやすくなります。
12月も寒暖差の大きい日が現れますので、寒暖差疲労を溜めない対策を行ってください。

12月の天候や気圧変化の特徴と頭痛などの体調へ影響するポイントを理解して、体調管理を行うようにしてください。

【参考文献】
成人病予報対策研究会 ほすぴ 気象と健康~冬の健康~
成人病予報対策研究会 コラム 冬の風邪予防

こちらの記事も併せてご覧ください

1月の天候や気圧変化の特徴と気象病~一年で最も寒さが厳しく乾燥注意!~
気象病・頭痛・体の不調の疲れをアロマバスで癒そう
【気象病対策】体の水や気の流れを良くするツボを刺激してみよう
この記事の監修者
飯山 隆茂
飯山 隆茂
気象予報士/健康管理士

気象予報士として25年以上にわたり気象情報の提供に従事。頭痛ーる開始後からサービス追加に関わり、健康管理士取得後は気象と健康の両面から健康管理の普及に努める。

\その頭痛、気圧が関係しているかも?「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!/

その頭痛、気圧が関係しているかも?
「頭痛ーる」をいますぐダウンロード!

この記事をシェアする
ページの上部へ