気圧って何?


気圧とは『気体の圧力』の事で、天気や気象の分野では一般的に気圧は大気圧(大気の圧力)の事を指します。
ある地点の気圧はその点の単位面積あたりの鉛直方向(上方向)の空気の総重量をいいます。簡単にいえば、ある地点の空気の重さの事です。

気圧の単位はhPa(ヘクトパスカル)で表されます。
以前はmbar、mb(ミリバール)が使用されていましたが、1992年に国際単位系にあわせてhPa(ヘクトパスカル)に変更されました。

1hPa(ヘクトパスカル) = 1mbar(ミリバール) なので数値の意味としては変わりはありません。

ちなみに 1hPa(ヘクトパスカル) = 100Pa(パスカル) なので、1mbar(ミリバール) = 100Pa(パスカル) となります。

この記事をシェアする
ページの上部へ